<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Far Breton ファー・ブルトン

やっと投稿するrunerbookです。

フランス北西部ブルターニュ地方の素朴なお菓子。
「ファー」は粉、「ブルトン」はブルターニュ地方のという意味。
土地が痩せていて小麦ができなかったブルターニュは蕎麦粉を主食にしていた。
蕎麦粉のクレープは有名。神楽坂のカフェクレープリーブルターニュが人気。
ファー・ブルトンは、蕎麦粉のお粥にプルーンや干しぶどうなどのドライフルーツを入れて煮たのが進化した物。今は小麦粉で作るのが普通だけど、蕎麦粉でやってみた。
f0087041_21252778.jpg


レシピ
[PR]
by soba-pancake | 2006-11-28 21:26 | ★そば粉パンケーキのレシピ

そば粉パンケーキdeラザニア★

f0087041_0502.jpg

これはパンケーキとして認めてもらえるんだろうか?とちょっと不安ですが投稿します☆
「そば粉パンケーキのラザニア」。
そば粉はもちろん森ファームさんのを使用♪

材料:
A、そば粉パンケーキ

そば粉、小麦粉を5:5の割合で混ぜる。→半カップ分別分けしておく!(ホワイトソースに使います。)
そば粉の割合はお好みによって変えてください。
ベーキングパウダー小さじ1、卵1個、牛乳、塩少量でパンケーキを焼く。

ポイントは・ベーキングパウダーを入れすぎないこと。
あまりふくらませたくないので・・・。

B、そば粉ホワイトソース

タマネギ1個をみじん切りにし、バターで炒める。
タマネギが透き通ったらAで別分けにしておいたそば粉+小麦粉ブレンドを数回に分けて振り入れる。
粉が全体に行き渡ったら、火から下ろし牛乳を少量注ぎ入れる。
一気に牛乳を入れるとダマになってしまうので注意!!
入れては混ぜ、入れては混ぜ・・・を繰り返し好みのゆるさになったら塩こしょう、コンソメで味付け。

タマネギの甘みがおいしいホワイトソースです。
写真でわかるかなぁ?そば粉のつぶつぶが見えるんですよ・・・
f0087041_063585.jpg


C、トマトソース


私は手抜きしてレトルトのパスタソースを使用しました(笑)
もちろん手作りの方がおいしいと思いますが、レトルトのでも十分おいしかったです。

A~Cを用意できたら、耐熱皿にB+C→A→B→Cと繰り返し重ねていきます。

パンケーキは丸い形なので、お皿に合わせてカットしたり隙間を詰めたりしてください^^
一番上をホワイトソースにして、とろけるチーズをたっぷりのせオーブンへ。
チーズがとろけて焦げ目がついたらできあがり~♪

パンケーキがソースを吸って、じゅわ~っとうまみが広がります。
カット?したところの写真を取り忘れてしまいましたが(泣)一見パンケーキとは思えない見た目でした♪

ポイントはホワイトソースにもそば粉を使ったところ。
香ばしい風味のある一品になりました。
ホワイトソースもレトルトを使えばもっと簡単にできますね☆
もしよかったら試してくださ~い(^人^)
[PR]
by soba-pancake | 2006-11-17 00:09 | ★トッピングや食べ方のあれこれ

ライ蕎麦ソーダパン

 レシピ参加は大変お久しぶりになります。iFこといふです。
 パンケーキとして参加ではなく、最近はまりっぱなしのソーダブレッド(ソーダパン)にて。

 例によって粉100gが基本になる私…。
<材料>
・ライ麦全粒粉…50g
・蕎麦粉…50g
・薄力粉…100g
・甘味料(砂糖の甘さで換算してください)…砂糖やマービーなら大さじ1
・塩…小さじ2/3
・重曹…小さじ1/2
・ヨーグルト…100g
・グレープシードオイル…20g
・鶏卵L位が最適か?…1個

 炭水化物的には5単位400Kcalの倍になり、成人男性なら普通の米飯2食に近いです。
 蕎麦粉は薄力粉と半々の75gくらいまで増やしても問題ありません。薄力粉と置き換えてしまうとふくらみが悪いです。

<作り方>
・粉類を全部ふるっておきます。
 …なんちゃって、ボールに計量してかくはん機でシャカシャカで何も問題ありませんw

・ヨーグルトと鶏卵を混ぜ合わせ、油(バターにする人は溶かしバターで混ぜても良いですし、固形から粉に切り混ぜてすり混ぜておいてもらっても良いです)を混ぜ、均一にしておきます。

・粉に液体を入れ、ヘラで底から返すようにザクッと混ぜます。捏ねすぎない方が美味しいと思います。といいますか、スコーンに狂っていた影響で捏ねるのが怖いですw
 水分が行き渡らない部分には牛乳やヨーグルトのホエーなどを補ってひとまとまりにします。ベタついている~手に付かない状態にまとまっていれば大丈夫です。

・このあたりで200度にオーブンを予熱します。

・クッキングシートを敷いた天板に載せ、形成します。市販のメロンパンの形を目指します。、傾けるとゆっくり流れてしまう状態になっている場合でも天板の端に4cmほど余裕を持って落ち着いてくれ、丸い水滴の状態なら大丈夫です。しんぱいならば紙などのスポンジ型を使うと安心です。

・表面は捏ねたパン生地のようにつるんとした状態であればそのままで。ベタつく生地だとごつごつした表面になるかもしれませんが、そのままで大丈夫です。気になる場合は液体をまとめたボールの残りや牛乳などをヘラにつけて表面をならしても良いです。そのままの場合はガリザクな感じに焼き上がり、液体をつけてならすとガリザク感は少なくなります。

・しっかりメロンパン型に落ち着いた生地ならばてっぺんに切れ目を十文字に入れます。いれないと色んな場所で不格好に割れていびつに焼成されてしまいます。が、かまわなければなしでも大丈夫です。
 ゆっくり流れる生地になってしまった場合は入れなくてもきれいに膨らむことが多かったです。

・予熱したオーブンで30分焼成します。焼き色の加減をみて調整してください。判断は串を刺してみて何も付かなければ大丈夫です。

 焼きたてはふわふわしていますが、冷めると30~50%程度のライ麦パンのような感じに落ち着きます。慣れてくると焼成~後片付けまで1時間以内でできます。
 プレーンでスープに合わせたり、チーズやゴマを混ぜ込んだり、意外と美味しいです。
 スライスではなく、6等分とか、ケーキのように切って食べる方が食べやすいです。

<おすすめ>
・駄菓子のチョコベビー35g程度
・コーヒーや紅茶をヨーグルトと合わせてレシピの量くらい。濃いめに!
・チーズ(40g程度)&黒ごま(大さじ1程度)
・タマネギ半個&ハム適宜
・食事系具材にはカレー粉もよく合います。大さじ1程度

#写真無くてすいません汗
[PR]
by soba-pancake | 2006-11-12 01:10 | ★トッピングや食べ方のあれこれ